ダイエットの基礎知識A

ダイエットしようと思った時、やっぱり「食べない」ってなりがちです。ですが「食べない」っていうのはどのダイエット関連サイトを見ても良くないって言われますね。

若い子にありがなちな、何の知識も無くむやみに食べなかったりするというのは一番体に良くないです。

栄養というのは大部分が食事から補給するものですからね。
それが無知識に食事制限をする事で必要な栄養が取れなくなってしまいます。

ではどうすれば良いのかというと、まずは食べる物に注意してみましょう。

外食やコンビニ弁当を食べる事が多い人等の場合はどうしてもカロリーオーバーになりがちです。揚げ物やフライ・焼き肉系の高カロリーな物が多いからです。
ファミレスのメニューやコンビニの弁当はほとんどが800〜1000kcalです。

また飲み屋に行くことが多い人もカロリーオーバーになりがちですね。
ビール1本で約250kcalですから、3本も飲んでちょっとしたつまみを食べれば1000kcalを軽く超えてしまいます。

こんな食生活で痩せる訳がありませんね。


こういう食生活の人は食べる物を工夫をします。
外食でしたらなるべく低カロリーな「そば」や「うどん」にし、コンビニ弁当ではおにぎりやサンドイッチ等にしましょう。
お酒を飲みに行く日は昼間の食事を軽く済ませるなど、結果的に1日の総摂取カロリーが適正量に近づける努力が必要となってきます。

そして食事は1日3食を取るようにしましょう。
朝食をと取る時間のない人も、何かしらは身体に入れるようにしましょう。

例えば前日の夜20:00に夕食を取ったとして、翌日の朝食を抜きます。そして昼12:00に昼食を取った場合16時間食べ物が身体に入りません。こうなると身体が次回の食事が何時になるか分からないので、防衛本能で脂肪を溜め込もうとする訳です。


ダイエットを始めて食事を減らした時に最初の1週間くらいはすぐに体重が落ちると思います。しかしその後は全然落ちない・・・。
食事ダイエットした事がある方ならこの経験がある方は沢山要るとおもいます。

これは体が防御体勢に入り代謝を落しているのです。
人間の体とは今の状態を維持しようとする働きが有り、カロリーを減らせば代謝を下げカロリーを多く取れば代謝をあげて今の状態を維持しようと本能的に行っています。

ではカロリーを落しても代謝が下がらないようにするにはどうしたら良いかというと、適度な運動が必要となってきます。
なにもがっつりとした運動をしなければいけない訳ではなく、本当に適度な、例えば通勤時に駅1つ手前で降りて家まで歩くとか、軽いストレッチなども有効です。

普段の生活に体を動かす事、それが習慣になればしめたものです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。