プレ・ピラティスA


前回につづいてプレ・ピラティスの紹介です。
前回のプレ・ピラティスは仰向けに寝た状態でしたが、今回は立った姿勢です。

基本的には仰向けに寝た状態でのプレ・ピラティスとなんら変わりません。


@ 頭の頂点が天井から垂直に引っ張られるようなイメージ

A あごは引いて、首はまっすぐ伸ばす。

B 肩は左右の高さを揃えます。両腕はリラックスさせます。

C おへそを背骨の方へ引き、背骨の自然なカーブを出します。

D 腰を上げ、足を長くするように伸ばします。

E お尻の筋肉を引き締め、骨盤の傾きを正しく整えます。

F ひざの裏側を飲まします。

G つま先は反り返らないように足裏は床につけます。


基本的に寝た状態と変わりません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。