【ピラティス】立った状態でのプレ・ピラティスで気をつけること

立った状態でのプレ・ピラティスで気をつけたい事は姿勢が悪くなる事です。

悪い姿勢というのは


@ 首が曲がる。

A 猫背(気味)になっている。

B お腹が前に出ている。

C お尻が下がっている。

D ヒザが曲がっている。


イメージしてみてください。
かなりおっさんな立ち姿ですね(笑)。


人の身体は楽な方に楽な方に行こうとする習性があります。

意識しないと自然と姿勢が悪くなってしまいますので、常に意識することが大切です。


プレ・ピラティスでの姿勢は基本中の基本ですから、上記の事に気をつけて行ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。