プレ・ピラティス 【呼吸】

プレ・ピラティス【姿勢】に続いて今回は【呼吸】です。

ピラティスダイエットの呼吸法で重要なのは『身体のコアまで酸素を送り込む』という事が大事です。


鼻から吸って口から吐きます。
5秒を目安に行います。5秒で吸って5秒で吐きます。

身体のコア部に酸素を送り、筋肉を柔軟にしましょう。


座った姿勢で行う場合では

@あぐらをかき、背筋を伸ばして肋骨の上に両手を置きます。
鼻からゆっくりと息を吸いながら、肋骨の間を広げ、空気を送り込みます。

A深いため息をつくようなイメージで口からゆっくりと息を吐いていきます。
この時、肋骨の間を閉めるイメージでお腹の空気を出し切ります。


この呼吸法を5回繰り返してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。