ダイエットに必要な筋肉は?

筋肉には『白筋・赤筋』という2種類の筋肉があります。

別名『速筋・遅筋』と言います。


速筋(白筋)はダッシュしたりした時とかのとっさの動きに反応する筋肉。
ウェイトトレーニングとかの無酸素運動で鍛えられるのがこの筋肉です。

この筋肉が発達するとマッチョな身体になります(笑)。



一方、遅筋(赤筋)はマラソン等の持久系の筋肉です。
この筋肉がダイエットには大事になってきます。
この筋肉は有酸素運動で鍛えられるので、ダイエットに効果的なんですね。


マラソン、水泳、ウォーキング等の有酸素運動を行う事で脂肪も燃焼し、適度に筋肉が付くので、非常にバランスの良い体になるという訳です。




ここで、体脂肪の減らし方をまとめましょう。

体脂肪を減らすには
@ 栄養バランスの取れた食事
A 適度な有酸素運動をする事によって
B 基礎代謝があがり、脂肪が燃え易い体になる

という事です。


このダイエットは有酸素運動を行えば、食事制限がしなくて良いです。


人間の食欲は抑えられないですよね?


食欲を我慢すると、必ずストレスが溜まります。
よって、食事制限ダイエットで一旦は痩せてもリバウンドした時の反動がひどいんですね。


ダイエットには必ず運動を伴うようにしたほうがリバウンドもなく、無理なく痩せられるのです。

さぁ、今から始めれば、クリスマスの時期までに数キロのダイエットは可能ですよ。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。