プレ・ピラティス 【呼吸】

プレ・ピラティス【姿勢】に続いて今回は【呼吸】です。

ピラティスダイエットの呼吸法で重要なのは『身体のコアまで酸素を送り込む』という事が大事です。


鼻から吸って口から吐きます。
5秒を目安に行います。5秒で吸って5秒で吐きます。

身体のコア部に酸素を送り、筋肉を柔軟にしましょう。


座った姿勢で行う場合では

@あぐらをかき、背筋を伸ばして肋骨の上に両手を置きます。
鼻からゆっくりと息を吸いながら、肋骨の間を広げ、空気を送り込みます。

A深いため息をつくようなイメージで口からゆっくりと息を吐いていきます。
この時、肋骨の間を閉めるイメージでお腹の空気を出し切ります。


この呼吸法を5回繰り返してください。


【ピラティス】立った状態でのプレ・ピラティスで気をつけること

立った状態でのプレ・ピラティスで気をつけたい事は姿勢が悪くなる事です。

悪い姿勢というのは


@ 首が曲がる。

A 猫背(気味)になっている。

B お腹が前に出ている。

C お尻が下がっている。

D ヒザが曲がっている。


イメージしてみてください。
かなりおっさんな立ち姿ですね(笑)。


人の身体は楽な方に楽な方に行こうとする習性があります。

意識しないと自然と姿勢が悪くなってしまいますので、常に意識することが大切です。


プレ・ピラティスでの姿勢は基本中の基本ですから、上記の事に気をつけて行ってください。

プレ・ピラティスA


前回につづいてプレ・ピラティスの紹介です。
前回のプレ・ピラティスは仰向けに寝た状態でしたが、今回は立った姿勢です。

基本的には仰向けに寝た状態でのプレ・ピラティスとなんら変わりません。


@ 頭の頂点が天井から垂直に引っ張られるようなイメージ

A あごは引いて、首はまっすぐ伸ばす。

B 肩は左右の高さを揃えます。両腕はリラックスさせます。

C おへそを背骨の方へ引き、背骨の自然なカーブを出します。

D 腰を上げ、足を長くするように伸ばします。

E お尻の筋肉を引き締め、骨盤の傾きを正しく整えます。

F ひざの裏側を飲まします。

G つま先は反り返らないように足裏は床につけます。


基本的に寝た状態と変わりません。

ピラティスダイエット まずは【プレ・ピラティス】

エクササイズの基本は正しい姿勢で行う事が大切です。

ピラティスでのダイエットでも同様にインプリンティングと呼ばれる正しい姿勢をまずマスターしましょう。


仰向けに寝てください。

@ 頭は上に引っ張られるようなイメージ

A 首は力を抜き、自然な状態にして下さい。

B 肩の後ろは床に付けて下さい。

C 背中は反り過ぎないように自然に伸ばしてください。

D 腕は45℃の角度に広げて真っ直ぐ伸ばします。

E 骨盤は左右の骨盤と恥骨が床と平行になるようにし、お尻を浮かせないように注意して下さい。

F 脚はまっすぐ伸ばしつま先が引っ張られるイメージで。


以上が基本姿勢になります。





ピラティスでのダイエットで気をつけたいポイントE

ピラティスでのダイエットで気をつけたい第6ポイントは

【自分の身体の状態を知る】


自分の体力や筋肉のつき方、悪いクセなどを常に把握し、確認しながら行う事が大切です。

自分にあったエクササイズを、適度な回数・強度で行うよう心掛けて下さい。


体調が悪い時にはトレーニングを控えるという事も時には必要になります。


ピラティスでのダイエットで気をつけたいポイントD

ピラティスでのダイエットで気をつけたい第五のポイントは

【リラックスして行いましょう】


ピラティスは心身ともにリラックスした状態でトレーニングを行いましょう。

十分にリラックスして行う事により、筋肉や関節がほぐれ身体が動かしやすくなります。


仮にストレスが溜まっているなぁと感じた時にはプレピラティスの呼吸だけ行うだけでも効果が得られます。

大きな腹式呼吸で横隔膜の上げ下げを行う事でリラックスできる事と思います。

ピラティスでのダイエットで気をつけるポイントC

ピラティスでのダイエットで気をつける第4のポイントは

【なめらかに身体を動かす】


ピラティスはゆっくりと滑らかに身体を動かすのが特徴です。

そうする事により、最小限の力でしなやかな筋肉を付ける事が出来るという訳です。


一方逆にはずみを付けて身体を動かすとどうなるかというと、筋肉や関節を痛める恐れがありますので注意が必要です。


ダイエットを行おうとして、逆に筋肉や関節を痛めてしまうと、それ以降ダイエットのやる気が失せちゃって、結局ダイエット失敗となりかねません。


ピラティスでのダイエットでは滑らかに身体を動かしましょう。

ピラティスでのダイエットで気をつけたいポイントB

ピラティスでのダイエットで気をつけたい第3のポイントは

【動かしている筋肉を常に意識すること】


これはピラティスに限らず、筋肉トレーニングを行う際にも同じことが言えます。

エクササイズによって使う筋肉や動かし方が異なります。
筋肉というのは日常あまり意識していない事が多いと思います。

ですので、どのパーツをどのように動かしているか意識しながら行えば、効率良く鍛えることが出来るという訳です。


先にも書いたようにピラティスダイエットに限らず筋トレでも、鍛えている部位を意識する事によって、例えば腕立て伏せを行う際には胸の筋肉や腕の筋肉を鍛えていると意識することによって、ながらに行うよりも効果が高いという事です。




ピラティスでのダイエットで気をつけたいポイントA

ピラティスでのダイエットを行う際に気をつけたいポイント第2番目は


呼吸は止めないで!


です。


ピラティスでの呼吸法を自然に出来るようになるまで練習してください。

最初はぎこちないかもしれませんが、何度か行う事によって慣れて来るはずです。


深く、ゆっくりとした呼吸を行う事によって、筋肉が柔らかくなってきます。


エクササイズの動きにあわせて呼吸をし、きつい体勢でも決して息を止めることなくピラティスを行ってください。


ピラティスでのダイエットで気をつけるポイント@

ピラティスでのダイエットを行う際に気をつけなければならない第1のポイントは

ピラティスは正しい姿勢で行う


そうです。ピラティスでダイエットする際は正しい姿勢で行わないとと効果が半減します。


まず第一に、身体にしっかりと正しい姿勢を覚えさせることが重要になります。

身体の中心となる骨盤と背骨を正しい位置にキープ出来るように意識しましょう!!

そうする事によってコア部分の筋肉が安定します。


そして周りの筋肉もバランス良く付いてくるという訳です。



ピラティスダイエットの大切なポイント

ピラティスでのダイエットで一番大切なポイントは


・姿勢
・呼吸
・Cカーブ



の3点はプレピラティスと呼ばれ、心と身体の準備を行う上で重要なポイントです。


正しい姿勢でエクササイズを行わなくてはしっかりとつくべき場所に筋肉が付かなくなるので、しっかりと覚えましょう。


呼吸は鼻から息を吸い、身体の隅々まで酸素を送るようにイメージしてください。
息を吐くときは口からゆっくりと吐き出します。


Cカーブは骨盤と背骨のゆがみを正すエクササイズで、恥骨を前後に動かします。



ピラティスダイエットって?

今日寄った本屋さんのダイエットコーナーで『ピラティスダイエット』に関する本を発見しました。

気になったので本を立ち読みさせて頂きました。


ピラティスというのは20世紀始めにドイツ人の医師ジョセフ・ピラティスさんが、戦争で負傷した兵士のリハビリを目的として考案されたそうです。

その後アメリカ・ニューヨークに移住し、エクササイズスタジオを設立したそうで、身体のゆがみや悪いクセを治しすことによって体のコアの部分を鍛える『ピラティス』を確立させたそうです。

そのピラティスに基づいて、深い呼吸と一緒に筋肉に働きかけたダイエット法が『ピラティスダイエット』という事です。


ピラティスダイエットは、ゆったりとした呼吸と共に身体をなめらかに動かすのが特徴で、マッチョな身体を作る表層筋ではなく、身体のコアの部分、いわゆる赤筋(インナーマッスル)を鍛える事によりバランスの取れたスマートな身体となれるそうです。


最近流行っているヨガ等はまさしくピラティスの理論と一緒です。
バランスボールも同じような目的を持っていますね。


バランスボールはこちら↓

ギムニク・プラス・ブルー(65cm):マラソン※0211
トレンド・コアトレーニングヨガ バランスボールセフティーピンク38cm
ハタ バランスボールセイフティー50cmポンプ付き(フィットネスボール、バランスボール、ヨガ...
ヨガフィットネスミニボール【エアーポンプ付】


ピラティスに関する書籍・DVD

ピラティスでぽっこりお腹をキュッ!DVD
ニューヨーカーが教える簡単ピラティス 入門編 ◆20%OFF!
ピラテスのすべて
ピラティス&セレブヨガ
バランスボール+DVD教本【送料無料】はじめようピラティス
ピラティスフィットDVD【しなやかな筋肉づくりに!】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。